WORLD

値段交渉不要?!カンボジアのシェムリアップでPassAppTaxiを使ってみた。

カンボジアから昨日帰国しまいたなかひらゆうとです。

カンボジアで使える配車アプリってご存知ですか?

日本では配車アプリだとUberが有名ですよね。

僕もフィリピンに行くまでその存在すら知りませんでしたが最近では日本でも浸透してきているようです。

配車アプリはタクシーや個人でドライバー業をしている人を手配できるんです。国によっては車だけでなくバイクタクシーの手配ができる所もあるようです。

2年前カンボジアのシェムリアップに住んでいた時は配車アプリなんて無かったんですが今回シェムリアップに行ったらできていました!

せっかくなので乗ってみました。その使い方と感想を書きたいと思います。

PassAPP Taxi Cambodia

使い方

まずはこのアプリをダウンロードしてください。

PassApp Taxi in Cambodia
PassApp Taxi in Cambodia
開発元:Top Nimul
posted withアプリーチ

Googleアカウントでログインするか電話番号での登録です。

Googleアカウントがない方は日本にいる内にこのアプリをダウンロードしてください。

現地でSIMカードを買うという方は現地でのダウンロードで大丈夫です。

カンボジアのSIMカードは1ドルぐらいで買えるのでSIMフリーの携帯の方は現地のSIMを使える方がいつでもどこでも連絡が取れるのでおすすめです。

入力が完了したら次は現在地をセット

この時はBASE CAMPにいたのでそこから泊まっていたシティーゲストハウスまで行きました。

この時、何も見ず適当にやってたら目的地と出発場所を間違えたので注意してくださいw

乗り物の選択

カンボジアでお馴染みのトゥクトゥク、タクシー、PassappのBajaj?これの呼び方がわかりませんがシェムリアップ内で走っているこのタイプはPassApp専用なのではないかと思います。

今回僕はこれに乗りました。定員は3名かな。

目的地を選択

+Add dropoffを押して降りる所を選びます。

住所で入力するか、地図から降りるとこを選びます。

カンボジアは正確な住所がない所もあるので地図でする方がいいと思います。

あとは待ってれば迎えにきてくれます。

あと何分何秒で来るのか細かく表示してくれます。

電気自動車に乗っているような感じでした。早くないしかなり安全運転でした。

到着するとお互いの携帯に料金が表示されます。

4000リエル=1ドルです。なので1ドル200リエル渡せばOK。

 

メリット

・値段が安い

・交渉しなくていい

・簡単に呼べる

カンボジアでトゥクトゥクに乗る時は交渉しないといけないのでアプリを使うとそれもないので楽。どこかでご飯を食べててもお店の中から呼べます。カンボジアは暑いので外ちょと待ってるだけでも汗だくになるのでお店の中で呼べるのは便利。

デメリット

・お釣りがない

・英語が通じないことも

・ドライバーが道を知らない

お釣りがないのはトゥクトゥクだけじゃなくてどこでもです。5ドル出してもお釣りがないと言われるのでできるだけ大きなスーパーやコンビニでくずしておいたほうがいいです。

ドラバーは英語がわからない人もいます。ただ「まっすぐ、右、左」等の簡単な単語とジェスチャーだけでもなんとかはなります。1番の問題がナビもしてるのに道をわかっていないドライバーがいます。なのである程度自分も場所を知って置く必要があります。

まとめ

2年前にカンボジアに住んでた時はなかったのでどんどんと発展して行っているんだなと思います。このアプリもまだまだ改善されてより便利になっていくのではないかと思います。

カンボジアでの交渉がめんどくさい!という方はぜひお試しください。