日本語パートナーズ

勝手にフィリピンの田舎と都会のメリット・デメリットを紹介!

こんにちはなかひらゆうとです。(@yu_torisu4)

去年日本語教師をしていた時に書いていたブログを移動してきました。

▼僕が前に参加していた日本語パートナーズについてはこちらからご覧ください▼

あわせて読みたい
海外に長期滞在できてお金が貰える?アジアの中学・高校で日本語教育のアシスタントができる?日本語パートナーズって?[未経験でもOK]こんにちはなかひらゆうと(@yu_torisu4)です。 大学を卒業してから僕が参加した日本語パートナーズを紹介したいと思います。...

あと2週間後には今期の派遣メンバーが出発するようです!

フィリピンの派遣はマニラ首都圏に10名、ルソン島の上の方にあるパンガシナンに2名、そして僕が派遣されていたセブ島に3名です。

去年は15名でしたが今年は13名のようです。

本当はミンダナオ島にあるダバオにも2名派遣予定でしたが、研修中に戒厳令が出たため急遽ダバオ派遣予定だった2名がマニラに変わりました。

現在ダバオ市があるミンダナオ島の内戦も終わりましたが、来年度派遣されるのかは僕らにはわかりません。今年も派遣されないようです。



派遣先はどこになるのかは選べません。

これだけ派遣場所がバラバラですが僕らは場所を選んだわけではありません。書類の内容や面接での回答で場所が決められます。その中でも特に面接で聞かれる「都会がいいか田舎がいいか」が派遣場所がどこになるか大きく分かれます。

もしかするとセブ島は都会だろうと思っている人がいるかもしれませんが残念ながら3人とも田舎での活動です。笑

都会のセブシティーにはバンに乗って2時間ほどかかります。

個人的に思うメリットとデメリット

都会のメリット

・マニラ首都圏に派遣されているメンバーは家が近いのでよく会ったり、一緒に文化紹介をしたりしています。

・1人では大変なこと(授業や生活)も助け合える。

・そして都会なので文化紹介に必要なものだいたい手に入る。日本より高いけど。

・学校の環境が整っている。

都会のデメリット

・渋滞がすごく30分で行ける距離がタクシーで2時間かかる。

・物価が高いのでお金がかかる。タクシーも頻繁に使い出費する。

・空気が汚くて風邪引きやすい。

・台風や大雨の影響で学校休みになる。

・ストライキ(ジープニー)で休みになることもある。

田舎のメリット

・現地の人たちとの距離が近い。

・学校の生徒、先生の人数が少ないので日本人と認知されやすい。

・渋滞が少ない。

・ご飯が安い(ファーストフード店以外)

・お金を使うことが少ない(タクシーとか走ってない)

・自然が多いから都会よりも空気が綺麗。

・イベント多い(特にセブ島)

田舎のデメリット

・日本人が少ないため狙われる危険性もある。

・休日にできることが少ない。

・英語で話しかけてもらえない。

・停電が多い。

・ネット環境が弱い。

まとめと感想

都会も田舎もどちらもメリット・デメリットはあります。今回僕が書いたメリット・デメリットは人によったら捉え方は違うと思いますのであくまで参考にしてください。

また面接で聞かれると上記で書きましたが、100%希望どうりになる訳ではありません。都会がいいと言っても、田舎になる可能性もありますしその逆の場合もあります。田舎がいいか、都会がいいかの希望以外にも、現地の先生との相性や英語力等で派遣先が決定します。まあ僕は田舎派遣を希望したので希望どうりだったんですけどね。笑

田舎でも都会でもどっちでもいいやと思っている人は参考にしてください。

まあ結果的に派遣先がどこになってもみんな満足すると思いますよ!