LIFE

目標に向かい始めた時、それが本当にやりたいことなのかわからなくなった人に読んでほしい

 

こんにちは、なかひらゆうとです(@yu_torisu4)

先日留学に行っている友達から「やりたいことのために留学来たのに、やりたいことが本当にやりたいことなのかわからなくなった」とメッセージが来ました。

その返事を返した時に感じた自分の思い、自分もまた同じようになった時に振り返られるように言葉にしてブログに残しておこうと思います。

また、同じような気持ちを抱いている人の参考に少しでもなればいいなと思います。

やりたいことかわからなくなったんじゃなくて、混乱しているだけ。

やりたいことに向かい始めて、やりたいことの難しさ実感して混乱してるだけじゃない?という内容を友達に送りました。

友達に送りながら、自分もフィリピンにいるとき「これ本当にやりたいことなのか?」という思いが生まれ、わけがわからなくなった時期があったのを思い出しました。

その時は「やりたいことなのかわからない」ってどうして思い始めたのか、やりたいと思っていたことはなんだったのか、その他諸々その時思っていたことを紙に殴り書きしました。

書き出している中で気づいたのが「やりたいことがわからなくなった」じゃなくて「目標達成する難しさを実感して混乱していただけだ」と気づきました。

書き出したことでスッキリし、「何にを難しいと思っているのか」「今すべきこと、やりたいことはなんなのか」が明確になりもやもや期から脱出しました。

その経験があったから僕はその子に

やりたいことに向かい始めて、やりたいことの難しさ実感して混乱してるだけじゃない?

と伝えました。

混乱するのは進み始めた証拠

混乱する、もやもやするのは、前に進んでる証拠だと思います。

1歩踏み出したからこそ感じることができた思いや感情であり、目標に向かって何もしていなかった時には感じることができない思いです。

落ち込んで気持ちがどんよりするかもしれませんがポジティブに考えて成長段階にいるんだと思える方がまた1歩進むことができるんです。

そりゃ失敗だってするだろうし落ち込むこともあります。だって人間ですもん。

ただそれを落ち込んだ、しんどかった、失敗したで終わらせちゃうのは勿体無いです。

その失敗も落ち込みもしんどい思いも全部ひっくるめてプラスに変える。意味のないものはないんです。

自分を責めないで、ゆっくり自分と向き合う時間を作ってみるのが大事なんです。

まとめ

目標に向かって進んでいるからこそ混乱したり、わけがわからなくなったり、もやもやしたりするんです。

何もしてなかったらそんな感情も出てきません。だからまずは落ち着いてもやもやがなんなのかを自分自身と向き合って絞り出す。

そうすると今すべきことが見えてきます。

目標を抱き、それに向かうことは果てしなく、途方も無いことのように感じると思います。

目標を達成することは大事なことだと思いますが、僕はその目標の中でどれだけ苦労したのか、失敗したのか、楽しかったのか、嬉しかったのかの過程が何より大事だと思っています。

100をゴールとしたら、0〜99を1つづつクリアーしてたどり着く100と、今思い描くだけの100とは違ってくるはずです。

大変だった分、苦労した分自分のプラスに絶対になってます。ただそれを大変だったな〜だけで終わらせちゃうとプラスになんかなりません。

何が大変だったか、それを次にどう活かすかを考えることが大事なんです。

何もしないなら無色のままだけど、行動して様々な経験をすればいろんな色が足されて最後には色鮮やかな1つの絵になるんじゃないでしょうか。

前回カンボジアで日本語教師をくびになった話を書きましたが、大変だったけどあれも僕にとっては今の僕を作ってくれている経験の1つです。

偉そうに失敗なんて恐るな!と言いたいわけじゃなく、失敗だってなんだって考え方次第でプラスに変えられるんですってことが伝えたいんです。

大丈夫!なんだってできる!失敗したってそれが経験になるよ!

 

カンボジアで日本語教師をクビになった話

あわせて読みたい
カンボジアで日本語教師をクビになって気づいた、意味のないことはないという考え方。 こんにちはなかひらゆうとです(@yu_torisu4) 久しぶりにカンボジアに戻ってきて2年前にカンボジアで生活していた時のこ...

カンニングしてめちゃくちゃ怒られた話

あわせて読みたい
中学3年の時カンニングがばれて親と先生にバチクソ怒られた話。 カンボジア滞在24日目を迎えましたこんにちはなかひらゆうとです。(@yu_torisu4) 高校生の時に小学校の先生になりたいと思...